獣害と対策の現状把握

ホーム > 活動の記録 > 獣害対策 > 獣害と対策の現状把握

獣害と対策の現状把握

13/10/26

野生生物による農作物等の被害状況を、現地調査及び既存資料調査により把握し、GIS上で可視化し、被害対策を行う地域や手段の優先順位を明らかにするための獣害トリアージマップを作成しました。
マップ作成を①獣害痕跡の現地調査、②捕獲状況の調査、③新城市が行ったイノシシ・シカ・ハクビシン・アライグマ・サルなどの現状生息状況調査結果、④狩猟者や地元住民へのヒアリングを元にして作成しています。

<< ひとつ前に戻る

木の駅プロジェクト

アクセス

このページの一番上へ