獣害トリアージマップ:作手守義地区(本郷)

ホーム > 活動の記録 > 獣害対策 > 獣害トリアージマップ:作手守義地区(本郷)

獣害トリアージマップ:作手守義地区(本郷)

13/11/06

獣害トリアージマップ:H24 フェンス計画地区(本郷)H24_2-1_守義本郷.jpgのサムネイル画像
・調査時期:平成24年9月10日、10月16日
・調査内容
 集落内部に、イノシシの痕跡は多数見られた。集落周辺の山林から集落内の休耕畑の草地に侵入路が多数見られる。草地に身を隠しながら、集落内部の耕作地へ侵入している様子が見られる。集落周辺にはネット、トタン柵などの対策が施されているが、部分的であり、獣の侵入を許している。
 すでに、人と獣の生活圏が重なっており、人を恐れない個体群が数群存在している。
 H24年フェンス設置計画地区は本郷集落内部小規模である。このため、集落周辺の獣害は設置後も継続すると思われる。
 このため、集落住民の獣害意識の向上(本郷集落が連携した広域的対策体制)と、作手守義地区全域を含めた、集中的な捕獲対策(銃猟・くくり罠等)を強化する必要がある。

<< ひとつ前に戻る

木の駅プロジェクト

アクセス

このページの一番上へ